《あさいやすえのコーデコラム》#11 イメージをつくるレース着物の選び方

こんにちは、あさいやすえです。

今回はこのコピー《ワンピースときどき、着物》からあなたのお洋服のタイプ別レース着物の選び方をお話しようと思います。3月に開催されたこの企画もワクワクでしたね。

レース着物とお揃いで、もちろんお洋服でも来る夏に大活躍する、レースの日傘にも心惹かれます☀️

ということで今回のコラムは

あさいやすえ的イメージ別レース着物

『ワンピースときどき、着物』このコピーすごく好きです。私も着物を着るようになって着物がスーツやワンピースの役割をしてくれる機会が多いので

今回はレース着物を様々なワンピースに例えてみました。

《ハナミズキ》例えば気軽な木綿の花柄ワンピース

【イメージ】キュートでかわいい愛されレース着物だと思います。

お花畑にいるような、お花ひとつひとつを感じるレースの風合いが乙女心をくすぐります。柄の大きさがはつらつとしたキュートなイメージを作っています。カジュアルでかつ可愛い雰囲気のお洋服が好きな方におすすめ。

 《葡萄》例えばゆれるとろみ素材のワンピース  

【イメージ】 フェミニン ロマンチック  葡萄の蔓がつくる曲線の優雅さが上品で儚さも感じるエレガントで美しいレース着物です。

色展開からも、かちっとする素材よりどこかドレッシーなとろみ素材のお洋服が好きな方、フェミニンなスタイルが好きな方にオススメの美人レース着物だと思います。

《ロマンチカ》例えばシルクのスレンダーシルエットの大人ワンピース

【イメージ】 クール エレガント  細やかで柔らさとうねりのあるペイズリーが大人の余裕を感じるレース着物です。

先ほどの葡萄より細かい柄のロマンチカ、この細かな曲線が大人っぽさとクールさを醸し出してエレガントで大人なレース着物だと思います。

ふわっとしたシルエットより、タイトなシルエットのお洋服が好きな方、品の良い色香も感じてオススメです。

《フレンチ格子》例えばチェックのシャツワンピース

【イメージ】 爽やか フレッシュ  レースの風合いと直線の柄が甘すぎず、ちょうどいい小粋さをだしています。

いつもはパンツスタイルが多い方がシャツワンピースを着るように、気軽でスポーティーなレース着物。あんまりラブリーなのは…と思う方、直線の柄のレース着物で大人可愛いを狙ってみては?金沢でのpop-upでこの柄にキュンとした私の愛用品でもあります。

《スカラップレース着物》例えば変形デザインの個性派ワンピース

【イメージ】 モード お花の形をそのままに、繊細なスカラップに目が行く個性的なレース着物です。

レースの繊細さに、スカラップでできた柔らかな角、ギザギザの直線が加わってモードな印象です。レース着物なので、とんがりすぎないモードな着物。個人的には、レースの穴の透け感からワンピ襦袢などで異なった色をわざとチラ見せして、帯の色や小物の色とリンクさせる✨✨なんて楽しみも浮かびます。

さりげなく個性派にオススメです。

イメージ作り、今回は柄に注目

今回このタイプ別を考える土台となっているのはイメージの作り方です。

イメージとは《色と柄と素材》要素を複合して出来上がっていきます。

今回は柄に注目しました。柄でのポイントはいくつもありますが今回は2点

1 柄の大小      2曲線か直線か

一般的に柄は大きい方が可愛くカジュアルに 小さいと大人っぽくフォーマルやキレイめになります。よって同じ花柄でもハナミズキより鈴花の方が大人っぽい印象に

柄で柔らかな印象を作りたい場合は曲線 シャープな印象は直線を用いていくといいでしょう。

そこに色や素材が加わると

またイメージを変化させたり、加えたりしていくのです。

皆さんも日頃お洋服を購入するときに何気に感じていると思うのですが整理してみるとなるほど!と思いませんか?日頃鈍感な私は学んだときそっか〜と感激したのです(笑)

キュートなハナミズキも色が変化すると印象が変わります。

恋桜やmintは同じ柄でもパイピングが目だたない為花柄のキュートさより、落ち着いた淡い色の優しい印象が残ります。

柄の可愛さから→可愛い物を集めたラブリーなコーディネート。

色の優しさから→ロマンチックなイメージのコーディネート。

レースの素材の繊細さから→繊細なものを集めて優雅なコーディネート。

と色、柄、素材といろんな方向からアプローチするとこれが着まわしになります。

ハナミズキのこのコーディネートが好きです。お洋服でも今季よく目にするミント色、色のトーンを揃えてワンピースのよう💓

ぜひ自分のイメージ、なりたいイメージに合う、ワンピースに変わるお気に入りのレース着物を手に入れて、着物生活をスタート!スタートしている人はさらに楽しく!纏うもので自分を元気にしていきましょう。

着まわしはイメージを変えることで、

さて私のレース着物といえば 2016年発売、限定色のハナミズキ

限定色の黄色、色でキュートなイメージがより強まります、黄色好きにはキュンとなったお気に入りの一着で、色の華やかさで着ると褒められる一着です。上のコーディネートはレースの繊細なイメージで帯や小物をまとめた3年ほど前のもの。このイメージは大好きなのでキュートやラブリーなコーデも作りますが、限定色が販売されてからの月日を考えると💦以前よりは大人な雰囲気を加えて着まわしています。

色数は少なめに、同じような白い帯ですが直線の柄ですっきりと。小物の色は淡く優しい色から、ぴりっと引き締める色に変化させて。すっきりの要素を加えてコーディネートします。

イメージを意識してコーディネートをつくると着まわしができ、長く愛用できますよ。

私は年齢的に洋服迷子になっていた40代前半より、シンプルな形の着物で色を着るようになってからお洋服に色が戻ってきました。

久々にフレアスカートを買いましたよ。配色が着物と同じでした(笑)