《あさいやすえのコーデコラム》#8-イメージを重ねる色のお話

こんにちは、あさいやすえです。

サスティナブルなリネン着物、ポチッとした方多いのではないでしょうか?

元気がでるビタミンカラーが素敵で、着用期間もコーディネートも工夫次第!普段着物に最適ですね。

今回はそんな色からコーディネートのお話しを。

トーン(色の調子)を考えてコーディネート

リネン着物の「ビタミンカラー」、最近ヘアカラーでも人気のグレーをふくんだ「くすみカラー」など

色の鮮やかさ(彩度)色の明るさ(明度)を複合した色の調子をトーンといいます。

着物のコーディネートのなかでもこのトーンを意識してみましょう。

皆さんはどんなトーンがお好みかな?

トーンを意識、まずは同じトーンでまとめてみよう

淡いペールトーンでまとめたコーディネート。

色の持つ優しいイメージが統一されてたくさんの色をつかっても品良くまとまります。

深みのあるディープトーンでまとめて、深みのある色が重なり大人の雰囲気。

かなり癖のある多色の小紋もこっくりした色でトーンを意識してまとめるといい感じ!

コーディネート講座をしている、風の盆で有名な富山八尾のスポットです。

帯を無地にしてすっきりさせるのもポイントですね。今度はこんな風にトーンを意識!

ワンカラーでトーンを変化させてみよう

さっきと同じ着物。

こんどは着物の地色の紫をベースに、淡く、深く。異なるいろんなトーンであわせてみます。

異なるトーンの組み合わせでも、色が同じなのでまとまりあるコーディネートに。こんな風に好きな色を存分に楽しむのもいいですよ。

紫好きです、

・・・って。好きな色たくさんあるんですが💦

ドレープで色を再現しています、実際のお色めとは多少異なります。コーディネートの参考まで。

こちらはブルー系。

リネン着物のビタミンカラーもこんな風に組み合わせてはいかがでしょう?

次にご紹介するのはグリーン系。

さらに鮮やかな色を重ねて元気いっぱいのコーディネートに。

すこし淡い色をあわせて、しっとりさをプラス。無地なので帯でイメージを変えてあげると、着用シーンも季節も出番も多く、いろんな着まわしで楽しめそうですね。

さて。

次は、トーンを意識した、もうひとつコーディネートのヒントをご紹介しますね。

異なるトーンを差し色としてプラスして。

トーンを合わせるだけじゃなく、今度はトーンにメリハリを。

こちらは淡い色ピンクのなかに、ビシッと鮮やかなトーン(紫)加えた感じ。

ダークトーンの中にふわっと軽い色をさして。

このように、トーンの変化がコーディネートにアクセントやリズムを作ってくれます。

例えていうと、男の方のネクタイやポケットチーフのおしゃれに似てるかな。

あなたを元気にする色はどんな色でしょう?

(KIMONO MODERNで販売中の、帯合わせがしやすいキレイ色の着物たちはこちら

そういえば、この前美術館へ行きましたよ。

印象派 ルノワール 

こちらの絵は「やわらかく穏やかなトーン」ですね。

みなさんも色を楽しんで着物コーディネートしてください。では、また次回。